コンセプト

こころと人生の整理整頓

ホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
和のマインドフルネスの大西章子です。

「和のマインドフルネス」は日本文化のエッセンスを取り入れた、こころと人生の整理整頓プログラムです。瞑想・内省を習慣化し【思考】【感情】【身体】を整えこころをかたづけることと、ご自身の部屋を片づけきることを同時に行っていきます。「瞑想」と「部屋の片づけ」の両輪で進んでいくことによって相乗効果が生じ、瞑想効果も出やすく、部屋の整理整頓もリバウンドしにくくなります。そして、こころとお部屋を片づけきることは悩みゼロにつながっていきます。「和のマインドフルネス」では、”今、ここ”を心穏やかに受け止めながら、自分とは何なのか、何をしたいのか、どのように暮らしていけば幸せを感じられるのか、を追求する実践プログラム&実践コミュニティーを提供しています。

 

 

マインドフルネスとは何か?

「マインドフルネス」という言葉を耳にする機会も増えたと思います。

マインドフルネスのルーツは禅で、ブッダや禅のメカニズムを論理的に解説し具体的な方法を示したものです。 近年、心理療法のひとつとして特に西洋で注目を浴びており、ビジネスや医療、教育現場など多岐の分野で活用されています。瞑想を科学的に捉え、宗教色やスピリチュアル色は極力排除しているのが特徴です。創始者は、マサチューセッツ大学医学部大学院教授  ジョン・カバット・ジン氏 と言われています。

グーグルなどの大手企業の社内研修で用いられていることで有名になりました。それが逆輸入されたのがマインドフルネスです。「今、ここ、この瞬間」に集中することで、ストレスを軽減し、集中力を高め、問題解決能力を高める、とされています。

 

 

日本文化はそもそも「マインドフル」で「スピリチュアル」

和のマインドフルネスは、日本文化のエッセンスを取り入れた、 無理なく実践出来て腑に落ちるマインドフルネス です。日本文化はそもそもマインドフルでスピリチュアルである、という考えをもとに、瞑想や内省ワークを取り入れながら、こころとお部屋を片づけきり、日常での在り方を見直していきます。

日々の生活を整えて、自分自身の【思考】【感情】【身体】をみつめ直すことは、自分の本質につながるのに有効です。瞑想と部屋の片づけはその過程を加速してくれます。

 

 

和のマインドフルネスの9ステップ

STEP1.こころとお部屋を片づけきる!と決める

何事もまずは決める!ことから

 

STEP2.毎日の習慣に瞑想を取り入れる

瞑想は、脳内のノイズを抑えてくれ、感情も沈めてくれます。

最初の内は難しく考えずに、ぼ~とするだけでもいいです。「何もしない時間」を意識的に持つようにしましょう。忙しい現代社会では、まずその時間を取ることが大切です。瞑想は様々な種類と目的があります。和のマインドフルネス実践会では、ひとり一人の状態に合った瞑想プランをたてています。

 

STEP3.悩みのメカニズムを知る

そもそも「悩み」とは何なのか?和のマインドフルネスでは、悩みを多面的に捉えていきます。

 

STEP4.【思考】とうまく付き合う

思考=自分 ではありません。浮かんでは流れ消えていいく雲のようなもの。言い訳したりウソをついたりする【思考】ですが、私たちの意識を司る大切な役割をしています。

 

STEP5.【感情】とうまく付き合う

感情=自分 ではありません。森の中でさえずる小鳥のように常に変化しています。殆どは根拠のない反応だったりもしますが、私たちの生活を彩り、願望の道先案内人にもなります。

 

STEP6.【身体】とうまく付き合う

身体=自分 ではありません。自分のものだと思うと酷使しがちになったり、過度に見た目を気にしたりしてしまします。仲良く付き合っていきたいですね。

 

STEP7.部屋を片づけきる!【住】

部屋を片づけきるプランを立てていきます。和のマインドフルネス実践会では、ひとり一人の状況に合った片づけプランを立ててマンツーマンで伴走します。

 

STEP8.一汁一菜を見直す【食】

米、味噌、醤油、漬物・・食に関する日本の知恵を見直していきます。

 

STEP9.「わたし」を定義する【衣】

衣服は社会的な役割や自分自身の願望、思い違い、等々を反映します。ワードローブを整えるということは、自分を定義し直すということにもつながります。

STEP10.何のために生きるのか?自分病を乗り越える