コンセプト

誰もが「悩みゼロ」になり、
自分の本質に沿った生き方を選ぶことができる

ホームページにお越しくださり、ありがとうございます。
和のマインドフルネスの大西しょうこです。

日本文化のエッセンスを現代の生活に取り入れ、【思考】【感情】【身体】を整えることによって

「悩みをゼロ」する 総合瞑想プログラム をお伝えしています。

 

 

マインドフルネスとは何か?

「マインドフルネス」という言葉を耳にする機会も増えたと思います。

マインドフルネスのルーツは禅で、ブッダや禅のメカニズムを論理的に解説し具体的な方法を示したものです。 近年、心理療法のひとつとして特に西洋で注目を浴びており、ビジネスや医療、教育現場など多岐の分野で活用されています。瞑想を科学的に捉え、宗教色やスピリチュアル色は極力排除しているのが特徴です。創始者は、マサチューセッツ大学医学部大学院教授  ジョン・カバット・ジン氏 と言われています。

グーグルなどの大手企業の社内研修で用いられていることで有名になりました。それが逆輸入されたのがマインドフルネスです。「今、ここ、この瞬間」に集中することで、ストレスを軽減し、集中力を高め、問題解決能力を高める、とされています。

 

 

日本文化はそもそも「マインドフル」で「スピリチュアル」

和のマインドフルネスは、日本文化のエッセンスを取り入れた、 無理なく実践出来て腑に落ちるマインドフルネス です。日本文化はそもそもマインドフルでスピリチュアルである、という考えをもとに、瞑想や内省ワークを取り入れながら、日常での在り方を見直していきます。

日々の生活を整えて、自分自身の【思考】【感情】【身体】をみつめ直すことは、自分の本質につながるのに有効です。瞑想はその過程を加速してくれます。

【思考】【感情】【身体】を丁寧に整えていくと、それぞれが一致して矛盾がなくなるので、無理なく行動に移すことができます。なかなか行動に移せなかったり、成果が出なかったりするのは、この3つがバラバラの方向を向いているからなのです。自分の内側をみつめることを内省と言いますが、その内省ワークを通して【思考】【感情】【身体】を整え、行動をしていくことによって、知らない間に悩みがゼロになり、想像以上の予期せぬ未来への扉が開いていきます。

 

 

瞑想して祈るだけで現実が変わるわけではありません。日常での実際の行動が現実をつくっていきます。また、闇雲に頑張ればよいわけでもありません。頑張っている状態というのは無理が生じている状態です。【思考】【感情】【身体】を味方にすると、無理なく、あたかも何もしていないような感じで行動を起こしていけるようになります。

 

 

まずは「悩みゼロ」に!
和のマインドフルネスの6ステップ

STEP1.毎日の習慣に瞑想を取り入れる

瞑想は、脳内のノイズを抑えてくれ、感情も沈めてくれます。

難しければ最初の内は、ぼ~とするだけでもいいので、「何もしない時間」を意識的に持つようにしましょう。忙しい現代社会では、まずその時間を取ることが大切です。

 

STEP2.悩みのメカニズムを知る

そもそも「悩み」とは何なのか?和のマインドフルネスでは、「悩み」を陰陽の2方向から捉えていきます。

<陽(目に見える現象)>
悩みとは「理想と現実のギャップから生じるもの」と捉える。
悩み→課題 と置き換えて、目標を設定し(STEP6.和のマインドフル目標設定)行動とフィードバックを繰り返していく。

<陰(目に見えない現象)>
悩みとは「自分の成長のために重要なことを気づかせてくれるもの」と捉える。
今何に気付くべきなのか、丁寧に内観し(STEP3.和のマインドフル内観)行動を整えていく。

陰陽のバランスを取りながら進めていくことが重要です。

 

 

STEP3.和のマインドフル内省

日常の中で、今、自分が感じていること、考えていることに注意を向けます。

どのようなことを感じたか。それは嫌な感じなのか良い感じなのか。どのような観念・定義・ルールによってそう感じているのか?その観念は、いつ、なぜ、どのようにつくたれたのか?
好ましい観念ではないと感じたら、新しい観念に置き換えることもできます。持ち続けるのも手放すのも、あなた次第です。

思考が固定していたり感情が閉じていたすると、自分の悩みが何なのかもわからなかったりします。瞑想と内省を繰り返していくと、思考がやわらかく感情も研ぎ澄まされてきます。

 

STEP4.お祈り

お祈り=感謝・決意表明 です。

【思考】【感情】【身体】についての観念を丁寧に観ていくことによって、自己否定や不足からお祈りをすることがなくなります。ああしてください、こうなればいいのに、、と願掛けするのではなく、ただ感謝をすることです。それでも何かを成し遂げたくて願掛けをしたくなったら、成し遂げることを前提にしっかりと行動をしていくという決意表明の形にしましょう。

 

 

STEP5.「望む未来」と「望む以上の未来」の違いを理解する

あなたが今「望む未来」は、今のあなたの延長線上で考えられたものです。
それにしがみついていると、「望む以上の未来」の実現を遠ざけてしまう可能性があります。

自分の本質に沿った最高の「望む以上の未来」は、現時点では想像すら出来ないかもしれません。「望む未来」と「望む以上の未来」の違いを理解して、望む未来に執着しない。それが、望む以上のものを引き寄せるコツです。

日々の行動によって、次の扉が開かれます。その過程をたのしみましょう!

 

 

STEP6.和のマインドフル目標設定

とは言っても、まずは直近の目標がないと第一歩が踏み出しにくかったりします。
自分の感情を道しるべに、あなたに合った目標を設定していきましょう。

 

STEP7.無理なく自分らしく行動する

行動するために、【思考】【感情】【身体】があります!

和のマインドフルネス*メルマガ 読者登録フォーム